指定管理者制度Q&A

「指定管理者制度」とは、どういうものですか?


2003年の地方自治法の改正により、従来は、公共団体、公共的団体および政令で定める出資法人に限り許されていた「公の施設」の管理が、「法人その他の団体であって、当該普通地方公共団体が指定するもの」でも管理できるようになりました。
つまり、「公の施設」の管理運営を、地方公共団体の指定した民間企業やNPO法人などでもできるようになったわけです。(地方自治法 第244条の2)

「指定管理者制度」が導入され、大きく2つのことが変わりました。
まず1つは、「公の施設」の管理運営が、株式会社などの民間企業や、NPO法人、さらには法人格を持たない民間団体などでもできるようになったことです(ただし、原則として、個人には認められません)。

2つ目は、単なる業務の委託ではなく、施設全体の維持管理や利用料金の設定など、これまで自治体が行っていた業務までできるようになったことです。

回答:中小企業診断士 新谷 聡美
(認定指定管理者コンサルタント)
指定管理者制度Q&A一覧に戻る