• HOME
  • 指定管理者制度Q&A
  • 施設の管理運営に際して、今までにどのような事故が生じたことがあるのでしょうか?

指定管理者制度Q&A

施設の管理運営に際して、今までにどのような事故が生じたことがあるのでしょうか?


施設の管理運営おいては、明らかな瑕疵による場合だけではなく、思わぬ危険が生じる可能性があります。以下に、実際に起こった事故例をご紹介します。

事例1. (安全配慮義務違反による)損害賠償リスク
【事故内容】小学校4年の児童が、県立自然公園への遠足に参加し、昼食後、芝生広場の崖(高さ4メートルの急斜面)から転落し、死亡した。
【事故原因】公園の設置管理者は、幼児や児童が多数訪れる場所なのに、崖下に転落することのないように、転落防止柵を設置するなどの措置をとっておらず、自然公園として通常有すべき安全性を欠いており、公園の設置管理に瑕疵があった。

事例2.(衛生管理不備による)損害賠償リスク
【事故内容】ある温泉で基準を上回るレジオネラ菌が検出され、70歳の入浴客がレジオネラ菌が原因とみられる肺炎で入院した。
【事故原因】水質検査によって、合計4カ所から基準値の数十倍のレジオネラ菌が検出されていたが、施設管理者側は深刻な問題とは思わず、対策が不十分なまま営業を続けていた。

事例3.施設・備品の損傷リスク
【事故内容】スポーツセンターの社員が出社してサウナ風呂のボイラーに点火し、10時にオープンしたところ、10時20分頃に女子浴室付属のサウナ風呂より火災が発生した。
【事故原因】前日(休館日)同所の清掃をした際、マットなどの可燃物を熱源前に置き忘れたか、清掃員が熱源の設定を変更したまま戻し忘れたためか、どちらかと推定される。

事例4.個人情報漏洩リスク
【事故内容】介護老人保健施設で、入所者の氏名、性別、生年月日の情報がインターネットに流出した。
【事故原因】介護老人保健施設職員が内部文書作成のために自宅に持ち帰ったメモリースティックにこれらの個人情報が保存されており、自宅のパソコンから、ファイル交換ソフトを介して個人情報や内部文書が流出した。

回答:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
製品マネジメントグループ 身崎 成紀  *****************************************************************
リスク管理について、もっと知りたい方は東京海上日動リスクコンサルティング株式会社のホームページもご覧ください。

指定管理者制度Q&A一覧に戻る

イベント・講演情報

BestPPP!の本棚

ワンクリック アンケート

Q.指定管理者が変わった施設を利用したときに良くなったと感じたことはなんですか

  • 職員の対応がよくなった
  • サービス内容がよくなった
  • 施設の美観、清掃状況がよくなった
  • 施設の案内表示が分かりやすくなった
  • イベントの内容がよくなった
  • PPPに関するコンサルティング
  • コンサルティングの流れ
  • 支援実績のご紹介